• ホーム
  • 風俗に行く前と後に知っておきたいSTD検査の方法とその内容とは

風俗に行く前と後に知っておきたいSTD検査の方法とその内容とは

風俗はSTDの危険性が最も高い場所と言えます。不特定多数の人と関係を持つこととなり、感染の拡大が起きやすい環境と言えます。完全に安全と言える所はなく、必ず危険がともなことは否定できません。異常を感じるようなら、早めに検査に行くようにしましょう。

風俗に行く時に知っておくと便利なのが、性器ヘルペスや尖圭コンジローマの発症事例です。もし行為を行う相手が、そのような病気を発症しているようなら、接触を避けた方が安心です。特に粘液が交わるようなことは避けた方が良いでしょう。それ以外の病気に関しては、見た目で判断することは難しいので、事前に確認することはできません。

風俗に行く前に、STDに関して少し知識を持っていると安心です。風俗嬢が感染しやすいSTDは、ヘルペスやクラミジアです。粘液や血液が交わることによって感染するためコンドームなしで直接挿入すると危険です。またオーラルセックスでも感染するリスクはあるので、注意が必要です。

受精と感染は違うためアナルでの性行為でも安心することはできません。直腸の粘液でも感染数することが確認されています。予防するためにはコンドームを使うことが重要です。避妊ではなく感染予防としての効果もあるので、しっかりと装着しましょう。

風俗に行った後に、韻部のかゆみや痛みがあったらすぐに検査に行きましょう。感染している恐れが高く、早めの治療が必要です。自分でできる確認としては、お風呂でのチェックです。陰茎の部分を根元から先端に向けてしごいてみましょう。あまり強くすると傷つけてしまうので注意しましょう。

もし尿道から白や黄色の膿みのようなものが出たら、何かしらに感染していることがわかります。何度も行うと怪我の原因となりますから、数回しごく程度に留めましょう。透明でも血が混じっている場合には、注意をした方が良いでしょう。亀頭の部分がただれている時にも異常と判断した方が良いでしょう。傷ついた状態で長い時間放置すると、二次的な感染が起こるリスクが高まります。しばらくは接触を避けて、薬での治療が必要です。

自分で判断することには、限りがあるので違和感、かゆみ、痛みがある場合には些細なことでも検査をおすすめします。通常の生活でそのような症状があっても問題ないかもしれませんが、風俗に行ったと言う事実が感染のリスクを高めています。慎重になっても過ぎることはありません。早めの判断が感染の拡大を防ぎます。