• ホーム
  • ジェネリック薬のアジーの併用禁忌は?使う際に知っておくべき正しい知識

ジェネリック薬のアジーの併用禁忌は?使う際に知っておくべき正しい知識

カプセルとすり鉢

アジーを服用する時には、いくつかの併用禁忌の医薬品があります。併用禁忌とは、一緒に服用することで悪影響があるので、控えた方が良いと言うものです。悪影響とはどちらかの薬の効果が薄れてしまうことや逆に強くなって副作用が発生するようなことです。

まずは抗凝固薬のワルファリンとの飲み合わせです。アジーを一緒に服用すると肝臓の酵素の働きを阻害する作用があって、抗凝固薬が十分に代謝されない恐れがあります。そのため血液の凝固が贈る恐れが否定できません。

強心剤のジゴキシンは、心臓の収縮力を高める効果が期待できます、心不全の治療薬として使われていますが、併用することでジゴキシンの血中濃度が高まり中毒症状を引き起こす危険があります。抗ウイルス薬のメシル酸ネルフィナビルを併用すると、アジーの有効成分が代謝されなくなります。その結果、下痢や吐き気を感じることがあります。メシル酸ネルフィナビルはエイズウィルスの増殖を抑える効果があり、大変重要な薬です。

抗生物質のシクロスポリンの場合、血中濃度が異常に高まり相互作用を引き起こす恐れがあります。濃度が高まると効果も高まりますが、副作用が発生しやすい状況でもあります。また、発生した場合の重篤度も高くなるため、注意が必要です。同じ抗生物資だから大丈夫と思うと、かなり危険な状態なるので、絶対にやめましょう。

特に個人輸入の時には、併用することを注意していくれる人が介在しません、全て自分で気をつける必要があり、負担が大きくなります。不安を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。自己判断で取り返しのつかないことにならないうちに、対応することが重要です。

併用禁忌は、開発の段階でわかるものもありますが、実際に発生してからわかることもあります。新しい医薬品が開発された場合、添付文書には記載されていない未知の危険が潜んでいます。併用する時には両方の添付文書を確認することが重要で、片方だけでは十分な情報が得られないことがあります。

いろいろな理由で併用できない医薬品が存在していることは、事実です。個人では注意できない部分もあるので、気軽に服用するのではなく、複数の医薬品を扱う時には、確認することの重要性を意識しましょう。注意することで防ぐことができるリスクがあります。治療のための服用が、危険に変わることがあると言うことを覚えておく必要があります。十分注意して服用しないといけません。