• ホーム
  • クラミジアはうつるの?それを防ぐ為にはどんな方法があるのかについて

クラミジアはうつるの?それを防ぐ為にはどんな方法があるのかについて

クラミジアはとても感染力の高いウィルスです。1回の性行為で感染するリスクは50%です。つまり風俗嬢が相手した半分は感染していてもおかしくないと言うことになります。パートナーがかかっている場合にも、2回に1回はうつることになります。

クラミジアが感染しやすい理由として、女性が感染しても5人に4人が自覚症状がないことにあります。自分ではわからないまま、性行為を繰り返すことで多くの人にうつることになります。このような状況で感染者数が爆発的に増えています。

粘膜がある所であれば感染する性質があるので、性器同士の接触はもちろんのこと、性器と口、そしてアナルでも感染します。目の粘膜にも感染することがあり、トラコーマという結膜炎を発症します。口内にウィルスがある場合には、ディープキスをしただけでも感染する危険があります。

症状がある場合には痛みや出血、おりものなどが増えるなどが発生します。男性も陰茎に痛みを感じたり、尿道から膿が出るなどの症状があります。女性は放置すると不妊の原因になる恐れがあるので注意が必要です。投薬治療を2週間ぐらい行うことで改善しますが、感染力が強いので定期的な検査が必要です。

感染源がわかっている時には、一緒に治療を行わなければ意味がありません。一度治っても、パートナーが感染していて繰り返すリスクがあります。発症した時には、必ずパートナーと一緒に検査を受けることが重要です。

クラミジアの感染を予防するためには、直接の接触をさけることが重要です。粘膜に触れない限りはうつらないので、コンドームを使って性行為を行えば安心です。オーラルセックスの時も装着してから行いましょう。また、ディープキスも避けた方が良いでしょう。

感染していることがわかっている時には、性行為を治療が完了するまで避けた方が良いでしょう、キスも避けたおいた方が安心です。通常の接触感染の恐れはほとんどないので、日常使うものは分ける必要ありません。

ただし性器を拭いたタオルを共有すると、万が一感染することがあるかもしれないので注意しましょう。トイレやお風呂は感染するリスクは低いと言えます。あまり神経質になる必要はありませんが、心配であれば、シャワーで済ませることや除菌シートを使うと良いでしょう。治療が済んだ後もしばらくは定期的な検査を行なって再発していないことを確認します。数回検査して、感染が確認できなければ問題ない状態と言えます。